映画「セッション」

「セッション(2014年 米映画)」を鑑賞

 

偉大な音楽をつむぐ事に憧れる19才の音大生ニーマン

 

所属したオケの指揮者フレッチャー教授は、

 

叱責と威圧で、思考の余白を握りつぶしかねないほどに、精神を支配する楽団リーダーで。

 

20181106-1

 

「音楽映画」「オーケストラ映画」って、

 

練習するほどにメンバーの一体感や技術が高まって……、

 

爽快・圧巻・感動のフィナーレでキラキラと幕を閉じるストーリーが多いけど……

 

「セッション」は、“サイコ映画”を観ているかのような、狂気に満ちた異質な音楽映画でした

 

 

20181106-2

 

気分転換のために観る「ストレス解消ムービー」ではありません

 

「なんてこった!」

「怖っ!怖っ!怖さ半端ない!」

 

と……震えながら鑑賞。

 

音楽映画の一般的なイメージをスコーン!と覆されました

 

ラストシーンのフレッチャー教授とニーマンのせめぎ合いには戦慄と驚愕……

 

 

 

果たして2人の音楽バトルがどこに流れつくのか……….

 

まだ観てない方はチェックしてみてください